iloveyourenemies

パチスロの「木の葉積み」を教わった時の事について

私は19歳の時からパチスロを打ち始め、24歳の時にはいっぱしの「パチスロ打ち」として毎日の様に仕事帰りにパチンコ店のホールのパチスロコーナーや、パチスロ専門店に通ってパチスロを打っていました。 その時まで私は約5年以上のパチスロ経験があったにもかかわらず、一度も5000枚以上のメダルをパチスロの実践において出した経験がありませんでした。 そして私は、24歳の夏のある日に古いパチスロ台を数多く設置している事で有名な繁華街にあるパチンコ店に行き、何気無く座った3号機のメーシーという会社の「コンチネンタル3」と言う機種に座り、のんびりとパチスロをプレイし始めたのです。 のんびりとプレイし始めた「コンチネンタル3」でしたが、私ののんびりとした雰囲気とは裏腹にメダルの出玉の方はその勢いが止まる所を知らず、「セブンラッシュ」と呼ばれる集中役がかなりの時間長続きしたり、その合間にビッグボーナスを引いたりして気が付くと私は自然と「木の葉積み」と呼ばれるパチスロのメダルの積み方を行っていたのです。 それを見ていた隣の台の人が「お兄さん、それは「木の葉積み」と言うんだよ。」と教わり、私は初めてパチスロのメダルの積み方にも色々種類がある事を知ったのでした。 家庭用中古スロット台・パチスロ実機販売店【ビッグワン】

Vytvořenou službou P-C.cz - Vlastní blog z vlastního PC. Mapa stránek