iloveyourenemies

長い霖雨の間に

 長い霖雨の間に果實の樹は孕み女のやうに重くしなだれ、ものゝ卵はねば/″\と瀦水のむじな藻にからみつき、蛇は木にのぼり、眞菰は繁りに繁る。柳河の夏はかうして凡ての心を重く暗く腐らしたあと、池の邊に鬼百合の赤い閃めきを先だてゝ、※くが如き暑熱を注ぎかける。  日光の直射を恐れて羽蟻は飛びめぐり、溝渠には水涸れて惡臭を放ち、病犬は朝鮮薊の紫の刺に後退りつゝ咆え※り、蛙は蒼白い腹を仰向けて死に、泥臭い鮒のあたまは苦しさうに泡を立てはじめる。七八月の炎暑はかうして平原の到るところの街々に激しい流行病を仲介し、日ごとに夕燒の赤い反照を浴びせかけるのである。  この時、海に最も近い沖ノ端の漁師原には男も女も半裸體のまゝ紅い西瓜をむさぼり、石炭酸の強い異臭の中に晝は寢ね、夜は病魔退散のまじなひとして廢れた街の中、或は堀の柳のかげに BANKO(椽臺)を持ち出しては盛んに花火を揚げる。さうして朽ちかゝつた家々のランプのかげから、死に瀕した虎列拉患者は恐ろしさうに蒲團を匍ひいだし、ただぢつと薄あかりの中に色變えてゆく五色花火のしたゝりに疲れた瞳を集める。  燒酎の不攝生に人々の胃を犯すのもこの時である。犬殺しが歩るき、巫女が酒倉に見えるのもこの時である。さうして雨乞の思ひ思ひに白粉をつけ、紅い隈どりを凝らした假裝行列の日に日に幾隊となく續いてゆくのもこの時である。さはいへまた久留米絣をつけ新らしい手籠を擁えた菱の實賣りの娘の、なつかしい「菱シヤンヨウ」の呼聲をきくのもこの時である。 横浜市中区 歯医者

Vytvořenou službou P-C.cz - Vlastní blog z vlastního PC. Mapa stránek